安い・即日・データもそのまま!スマホ修理

最短即日修理!スマホリペア最前線!

非正規店で修理をするときに気を付けること

正規の修理でないことによるデメリット

高い技術を持った方が修理をしてくれるお店なら、非正規店でもきちんと修理されて返ってくることが多いです。
しかし、非正規店であるが故のデメリットも存在します。

一度非正規店に出したスマホは、メーカー保証の対象外になってしまう可能性があります。
スマホ保証は「日常的に使っていて壊れた場合の保証」であることがほとんどです。
よって、一度分解されたり、純正でないパーツがついている場合に、保証から外れてしまうことがあるのです。

「メーカーに修理してもらうほどじゃないから、街で安く直してもらおう」と安易に非正規店に出してしまうと、後々保証が使えなくなってしまうこともあり得ますので、メーカー保証の内容と照らし合わせて、必要ならば正規店の方で修理を頼みましょう。

結果的に高くついてしまうことも

良心的なお店ならいいのですが、中には価格設定が分かりづらくなっているお店もあります。
たとえば、「パーツ代と工賃が別で、看板には片方しか記載していない」という場合や、「全て最小限の工程で済んだら割安だけど、イレギュラーな要素が発生する度に追加料金が必要」といったお店もあり、結果的に高額になってしまったケースもあるようです。

また、スマホユーザーに見えない部分のパーツを安いものにしたり、あまり適していないパーツを使うお店も存在するようで、「修理して数日で壊れた」「ディスプレイを変えたら色がかなり変わった」「カメラの画質が変になった」という失敗も耳にします。
純正のパーツが使えないときは代用品を使わざるをえないこともありますが、その際のデメリットをきちんと説明してくれるお店を選ぶようにしましょう。